台風/熱帯低気圧/温帯低気圧 一体、何が違うの?

 近年、「台風」による被害が多発していますね。
竜巻の被害も良く聞かれるようになり、怖いですよね。

 ところで、今年の台風は、本当に、最強でしたね。

 私は、今まで、台風が来ても、それほど、恐怖を感じた
ことがなかったのですが、今年の台風は、本当に、”怖い”と
感じました。

 それは、まるで、地震でも起こったかのような激しい揺れを
伴う台風で、本当に、家が倒れるのではないかという恐怖を
感じました。

 被災された方には、心より、お悔やみ申し上げます。

 さて、「台風」に関するニュースを聞いていると、
「熱帯低気圧」とか「温帯低気圧」という言葉を
耳にしたことはないでしょうか。

 この言葉から、どうやら「台風」は「気圧」に関係している
ということが想像できますが、では、これらは、一体、何が
違うのでしょうか?

 

まずは、「気圧」について理解しましょう

 「台風」の説明をする前に、「気圧」について理解しましょう。

 「気圧」とは、気体の圧力のことで、単に、「気圧」と
表現する場合は、大気(空気)の重さによって生じる
圧力のことをいいます。

 普段は、「大気(空気)の重さ」なんて、感じることは
ないでしょうが、「塵も積もれば山となる」のことわざ通り、
大気(空気)も、重さのある物質で、海面では、1cm2あたりで、
約1kgの圧力がかかっています。
(水銀柱では約76㎝、水だと約10mに相当します)

 「気圧」が空気の重さに関係しているということは、空気の
重さが異なる場所なら、「気圧」も異なるはずです。

 そうです。空気の重さが異なる場所とは、高度が異なる場所
のことです。

 つまり、海面に近い場所と山の上では、その上に存在する
空気の量が異なるため、「気圧」も異なるという訳です。

 

「低気圧」「高気圧」と風が吹く仕組み

 次に、気圧の違いと風について、説明しましょう。

 天気予報などでは、「低気圧」や「高気圧」という言葉が
良く聞かれますが、まずは、「低気圧」と「高気圧」について、
説明します。

 「低気圧」とは周囲よりも気圧が低い部分をいい、
反対に「高気圧」とは周囲よりも気圧が高い部分をいいます。

 「低気圧」は周囲よりも気圧が低いわけですから、
周囲の気圧の高い空気が「低気圧」に流れ込みます。

 反対に、「高気圧」は周囲よりも気圧が高いわけですから、
その空気は気圧の低い周囲に流れ出します。

 この空気の動きこそが、「風」なのです。

 下の図は、「低気圧」と「高気圧」の様子を示したものです。

 「低気圧」には周りから空気が流れ込むため、中心付近の空気が
行き場をなくして上昇し、冷やされて雲が出来ます。

 一方、「高気圧」では、その周りに空気が流れ出すため、中心
付近では、上空の空気が流れ込むため、暖められて晴れ間ができます。

 

台風/熱帯低気圧/温帯低気圧 一体、何が違うの?

 では、本題の台風/熱帯低気圧/温帯低気圧の違いを
説明しましょう。

 「熱帯低気圧」は、亜熱帯や熱帯の海洋上で大量の水蒸気が
上昇することにより空気が渦を巻いて出来る低気圧のことをいいます。

 この「熱低低気圧」が発達して、最大風速が17.2m/sを
超えると「台風」と呼ぶようになります。

 一方、「温帯低気圧」は、北側の冷たい空気と南側の暖かい空気が
混ざり合って空気が渦を巻くことによって発生します。

 北半球では、その中心の南東側に「温暖前線」、南西側に「寒冷前線」を
伴います。

【Dr.Keiのワンポイント・アドバイス】

 「気圧」とは大気(空気)の重さによって生じる圧力のことをいう。

 海面の気圧は1気圧で、1cm2あたりで、約1kgの圧力がかかっています。

 「低気圧」は周囲から風が吹きl込んで上昇気流が発生し雲が出来やすい。

 「高気圧」は周囲に風が流れ出しで下降気流が発生し晴れることが多い。

 「熱帯低気圧」が発達して風速が17.2m/sを超えると「台風」という。